加工用レーザーの近況|用途を失った中古機械は買取ってもらおう|買取価格を上げるためには

用途を失った中古機械は買取ってもらおう|買取価格を上げるためには

加工用レーザーの近況

作業員

近年における切り替え

材料を加工する時に使うレーザーには大きく分けて、半導体型と非半導体型とに分類されます。その中で近年、非半導体型のレーザーでは、競争によって使う種類の切り替えが多く起こっているとされます。その中で新しく使われる種類の1つとして注目されているのがファイバーレーザーです。ファイバーレーザーとはレーザー光線の増幅に使う媒質にファイバーを使った種類を指しており、媒質の種類に応じて切断や溶接に使われたり、微細加工に使われたりと多岐に活用されています。ファイバーレーザーが近年では研究改良を重ねた事で、切断・掘削能力や加工性能がより向上したと言われています。こうした事から従来、主に使われていた二酸化炭素型レーザーと比べても、費用対効果をはじめとした面でメリットが高まったとされ、切り替えが進む様になっています。

新しいタイプの主な特徴

ファイバーレーザーにおける主な特徴としては、従来型のレーザーの仕組みや機構を応用する事が可能な点が挙げられます。特にレーザー光線を発生させる機構においては光ファイバー技術の活用が可能とされており、経験や時間が少ない状況でも安全な組み立てが可能とされる面が挙げられます。その他にも、光線品質の高さが指摘されています。こうした特徴が挙げられるファイバーレーザーは当面、従来型レーザーからの切り替えが進むとみられています。特に従来、二酸化炭素型レーザーが担当していた市場規模の大きい板金切断向けでは、ファイバーレーザーを新たに導入するケースが多くなっているとされます。また今後、より細かい改良によって、需要の高まりが予想される医療機器分野への応用も期待されています。