レーザー加工|用途を失った中古機械は買取ってもらおう|買取価格を上げるためには

用途を失った中古機械は買取ってもらおう|買取価格を上げるためには

レーザー加工

男の人

固体レーザーの精度とは

固体レーザーであるyagレーザーは精密加工に向いた、溶接加工方法である。特に母材への入熱が少ないため、熱が集中し母材歪みを抑えて加工が出来るといった特性を持っている。yagレーザーを用いることで、母材への影響を少なく加工することが出来るため、仕上がり面もyagレーザー以外の加工したものに比べ綺麗であるといった利点が得られる。さらにyagレーザーにおいては、他の加工方法に比べエネルギー損失が小さく、軽量であるため、取り回しが容易で、複雑な形状も溶接加工出来る。アルゴン溶接などと比べると、yag溶接では設置冶具が簡易化されるため、取り扱いの面でも、他より容易である。何よりも曲線的な形状を加工出来るといった利点はyagレーザー加工における最大の利点と言える。

微細加工

yagレーザーによる加工範囲については、微細な加工も可能となる。スポット径として80μm程度以下のものから、1.5μm以上の系も加工することが可能である。一般的に得意とする形状範囲が0.3μm〜1mm程度の範囲となる。また、光による加工であるため、抵抗溶接等と比較し電極による加圧が不要となる。yag溶接では、特殊光学系を用いることで、80μm以下の微細な加工も出来ることは先にも説明したが、異種金属の溶接だけでなく、非導電性材料の溶接も可能である点にも注目したい。さらに、抵抗溶接等と比較すると電極のメンテナンス及び管理が必要となるのに比べ、YAGレーザーでは、電極交換が不要となるため、自動化を考えた場合に取り込みやすい利点が得られるのも特徴である。