建設現場に欠かせないペア|用途を失った中古機械は買取ってもらおう|買取価格を上げるためには

用途を失った中古機械は買取ってもらおう|買取価格を上げるためには

建設現場に欠かせないペア

工事

ふるいでがれきを選別

建設現場や解体現場では、大量のがれきが発生します。がれきにはコンクリートやアスファルト、鉄骨、木材などさまざまな資材が混入しています。これをそのまま廃棄するとなると混合廃棄物扱いとなり、非常に手間がかかります。そこで、処理前にふるいにかけることになります。ふるい作業はフルイ機と呼ばれるマシンで行います。フルイ機は振動または回転する網にがれきを通すことにより、その重さと大きさで選別を行う機械です。ふるいが終わったら、選別後のがれきを破砕します。コンクリートやアスファルトなど再利用可能な資材についてはリサイクルに努めなければならないことが法で定められていますが、破砕はその前段階として必要な作業です。この破砕作業において活躍する姿をしばしば見かけるのが、ガラパゴスと呼ばれるマシンです。

破砕して再資源化

ガラパゴスは英語でクラッシャーと呼ばれる破砕機です。最大の特徴は大型でありながら自走式であるところです。がれきをわざわざ運んで来なくても自らその場に赴くことにより、破砕作業を省力化することができます。ガラパゴスの人気の理由はもう1つあります。それは、出口の大きさをワンタッチで調整できることです。これにより、破砕後の粒の大きさを自由にそろえることが可能になります。ガラパゴスとフルイ機を組み合わせて効率的に作業を進めている様子は、あちこちの現場で見られます。建設現場や解体現場のみならず、砂利の採掘場でも活躍します。コンクリートの混入材や道路の基盤材などに用いられる砂利は、粒がそろっているものほど使いやすいとされています。ガラパゴスとフルイ機のコンビは、良質な砂利の生産にも貢献しています。